*

ゆうパックでの引越し、本当におトクなの!?

「引越し業者に頼むより、ゆうパックを利用した方が安く済むんじゃないの!?」

単身の引越しや、実家から出るだけの引越し、荷物の少ない人などは、そんなアイデアを思いついたことがあるかもしれません。

郵便のマーク

ゆうパックでの引越し、実際におトクなのでしょうか?

ざっくりと言うと、

  • 大型の家具・家電がまったくない
  • ダンボール箱のみの引越しである
  • ダンボールの個数が少ない
  • 比較的近場の引越しである

という場合は、ゆうパックでの引越しのほうが安く済む場合があります。

が、もし、

  • 大型家具や家電がある
  • ダンボールの個数が多くなりそうだ
  • 遠距離の引越しである

という場合でしたら、引越し業者にお願いすることをおススメします。

「でも引越し業者に頼んで引越しをすると高くつくんじゃ・・・?」

悩んでいる女性

と思われるかもしれませんが、いまは引越し費用を格安にできる、とてもいいサービスがあるんです。

それがこちらの<無料! 引越し一括見積もりサービス>です。

このサイトから引越しの基本情報を入力すれば、最大10社の見積もりが一度にもらえるサービス。
利用料は完全無料ですので、ゆうパックでの引越しと引越し業者での引越し、どちらが安いかを純粋に比較してみたいという気軽な使い方でもOKです!

提携している引越し業者はアート引越センターやアーク引越センターなどの超大手から、サカイ引越センターといった人気の引越し専門業者、クロネコヤマト、佐川などの宅急便系の引越しサービス、さらに地域密着の中小引越し業者まで、一度に見積もりを比較することができます。

アート引越センター

その中で、費用とサービスがいちばんいいと思った業者に依頼すればOKというシステムです。(もちろん最終的にどこも選ばなくてもまったく問題ありません。)

引越し業者各社のホームページから個別に見積もりを申し込むこともできますが、それだとほぼ「定価」の見積もりが出てきてしまうことをご存知ですか?
他にライバルがいない、と思えば、少し高めの費用を出してくるのは世の常ですよね?

それがこの<引越し一括見積もりサービス>を利用することで、業者さん側も他社に負けないようにと、「定価」よりも低めの費用を出してきてくれるんです。

そこからさらに価格交渉が可能な業者さんもあります。

「X社さんは○○円だったんですが・・・」

と伝えることで、さらに上司と相談して値下げしてくれる可能性もあります。

この<引越し一括見積もりサービス>で手に入れた見積もりの最高値と最安値では、半額ぐらいの違いが生じることもあるそうです!

引越しにかかるお金

利用料は完全無料ですし、それに伴うメルマガ登録が必須とか、何かこちらが不利になる条件はまったくありませんので安心して利用してみてください。

というか、このサービスは利用しないと、知らないうちにかなりの金額を損しているかもしれませんよ!

ゆうパックでの引越しのデメリット

ゆうパックでの引越し、注意しておきたいデメリットもいくつかあります。

ゆうパックの伝票

まずダンボールのサイズと費用ですが、ゆうパックでは、ダンボールのサイズと運送距離だけで料金が決まります。
従って、トラックに載せられる分だけ同料金の引越し業者と違い、ダンボールの個数が思ったより多くなってしまうという場合などは、その分費用がかさんでしまうことはまず念頭に置いておきましょう。

ダンボールのサイズは縦、横、高さ3辺の合計が60センチから170センチまでが対象。
重さは料金に関わりませんが、ひと箱30キロまでの荷物が対象となります。
それより重い荷物は取り扱ってもらえませんので、荷作りの際にはご注意ください。

ダンボール箱

ゆうパックでは縦、横、高さ3辺の合計が60センチまでの「60サイズ」から、「80サイズ」「100サイズ」「120サイズ」「140サイズ」「160サイズ」「170サイズ」までの刻みで料金が設定されています。
サイズが大きくなると、当然、料金は高くなります。

運送距離については、送り元の地域と送り先の地域で、料金が変わってきます。

ここでは大きな目安のみご紹介しますと、

たとえば、

・ゆうパックで送れるいちばん小さな「60サイズ」の荷物を
・北海道から同一県内(北海道内)に送った場合
⇒610円になります。

こちらがゆうパック1個送る場合の最安値というわけですね。
どの地域でも、同一県内なら610円です。

反対に最高値となるのは、
・いちばん大きな「170サイズ」の荷物を
・いちばん遠い場所に送った場合

になりますよね?
たとえば北海道から送る場合、中国・四国・九州・沖縄が同料金となりますが、
⇒2,570円になります。

だいたいの目安ですが、この金額×個数が引越し費用ということになりますね。
ひとつ2,000円ぐらいかかるダンボールを10個も送ると、簡単に2万円かかってしまう計算になります。

それなら引越し業者に頼んだ方が安いということも十分ありえるかもしれませんよね?
まずは前述の<引越し一括見積もりサービス>で見積もりだけでも確認してみることをおススメします。

 

ページのトップへ戻る


公開日:

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑